• フリーランス、エンジニアの求人案件TOP
  • フリーエンジニアなびとは
  • ご利用ガイド
  • ジョブプランナー紹介
  • アプリ塾
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • ログイン

フリーランスエンジニア・フリーエンジニアの求人案件をご紹介しています。シェアハウスを用意し積極的に上京支援を行っております。 | 受かる!面談のポイント

フリーランスエンジニア求人案件サイトフリーエンジニアなび
  • メルマガ登録はこちら
  • 無料会員登録はこちら
09/21 | 新着案件130 現在の総案件数 490
09/21 | 新着案件130 現在の総案件数 490

受かる!面談のポイント

Twitter facebook
[POINT]案件契約獲得へつなぐ面談にはポイントがあります エンジニアは自分をアピールする必要があります。スキルの判定は勿論のこと、それを正確に相手に伝えるコミュニケーションを意識する事が大切です。
チェック
事前準備編
1.クライアント先のサービスについて下調べをしましょう
 全く知らないのは面談に臨む態勢とは言えません。
クライアント先のサービスを一度は見ておきましょう。
できれば利用して情報収集をしておきましょう。
どんなサービスがあるかを確認し、自分が携わるプロジェクトが分かっている場合は、
それに関するサービスに触れておくと良いでしょう。
サービスの詳細がフリーエンジニアなびに載せることができない場合もありますので
事前にジョブプランナーに確認しても良いと思います。

クライアント担当から、「当社のサービスやサイトを使ってみてどうでしたか?」
と聞かれる場合もあります。この質問には正解となる回答はありません。
担当者もあくまで意見を聞いてみたいというレベルの質問です。
その時は、率直な意見を伝えてください。
ただし、悪い部分ばかりを伝えるのではなく、「少し○○のあたりが使いづらいので、
△△したらどうかなと思いました。」等どうすればさらに良くなるかという点を
追加すると好印象です。
チェック
身だしなみ編
2.面談時に、クライアント担当者が気にするのが
「技術力」「誠実さ」と「人柄」です。
[Point]身だしなみチェックポイント 表情・態度・身だしなみ

技術力が多少、劣っていても、人柄・誠実さが勝っていれば
合格につながることも大いにあります。担当者も一緒に頑張ってくれる人と
仕事をしたいと考えます。

キーワード キーワードは「清潔感」

【頭髪,髭】

  • 頭髪をセットする
  • 髭をそる
  • 無精髭、そりのこしはないか
  • 肩にフケなどはついていないか

【服】

  • デザインや色が派手すぎずまた、カジュアル過ぎないか
  • ポケットに小銭や携帯電話、手袋等ものを入れ過ぎていないか
  • 肌の露出が高すぎないか

【爪/ネイル】

  • 爪は伸びすぎていないか
  • 派手なネイルアート・マニキュアをしていないか

【アクセサリー】

  • 華美もしくは大きなアクセサリーをつけていないか
  • 香水はきつ過ぎないか
  • メガネのレンズはしっかり吹いてあるか
  • 色つきレンズメガネ、サングラスはもってのほかです
身だしなみ
チェック
会話編
NG
1.アピールポイントがまとまっていない
Point
ジョブプランナーとのカウンセリングで分かった自分の強みを、
企業が求めている条件に近づけていきましょう。
強みをまとめておくとある程度の質問にも対応しやすくなります。
NG
2.苦労話・愚痴のみ
Point
「大変だったプロジェクトは?」「思い出深いプロジェクトは?」という質問をされることがしばしばあります。
このような質問でクライアント先担当者が聞きたいのは「苦労したこと」ではなく、
「困難をどうがんばって解決したのか?」を聞きたいのです。
技術的に苦労した経験や、進行で困難だった経験、それに合わせどの様に解決したかということを話すといいでしょう。
どうしてもプロジェクトのマイナス面を伝えてなければならないときは、つとめて明るく話をしましょう。
NG
3.経験の有無を聞かれ、「はい」「いいえ」のみで回答する。
Point
ある場合は具体例を、ない場合でも近しい経験や、代替経験を話しましょう。
経験がある場合はどの様な経験があるかを具体的に話しましょう。
ない場合でも、例えばDBのチューニング経験を問われた場合、
「商業ベースでは無いですが、テスト環境レベルでの経験はあります」など
の近い経験や、代替経験、経験は無いが勉強しており知識があることなどを伝えましょう。
NG
4.全く話をせず会話になっていない。
Point
「スキルシートを見ればわかる」と思っている方に多いのですが、
面談時には、スキルの確認だけでなく、人柄も確認されています。
会話にならないと、一問一答のアンケートのようになり
クライアント担当も、一緒に仕事をする良いイメージが湧きません。
NG
5.一方的に話をしたり、 長過ぎる説明をする。
Point
質問の意図を考え、簡潔に答えましょう。
一方的に話すと、対話ができない人と判断されてしまいます。
話し過ぎて話のまとまりがないのも、本当に伝えたい部分が伝わらず、
クライアント担当もうんざりする可能性があります。

長い説明が必要な場合には、「いくつかに分類してから話す」を意識すると
アピール内容が伝わりやすいでしょう。
NG
6.わからないことを、ごまかす
Point
知ったかぶりは、簡単にバレてしまいます。また印象も悪いです。
うまく行った場合でも実業務でプロジェクト全体に迷惑をかけることになりかねません。
正直にわからないと言いましょう。
逆に少しはできるのに、「できません」と答えるのもチャンスを逃すことになります。
できること、できないことをしっかりと把握し、正直に伝えるのがいいでしょう。
NG
7.最後の質疑応答で何も質問しない
Point
ほとんどの場合、最後にこちらから質問できる時間が設けられていますが、
案件に興味を持っていることをアピールするチャンスです。
ここで何も質問がないと興味がないと判断される場合があります。

些細なことでもよいので必ず質問しましょう。
どうしても質問が浮かばない、緊張してしまい何を質問すればよいかわからなくなった!
そんな場合下記の質問をしておくと参画時にも役に立ちます!!

  例1)事前に勉強した方がよいことはありますか?
  例2)準備した方がよいものはありますか?

「残業」「休日」「稼働時間」などプロジェクトに直接関係のない環境に関するような質問は避けましょう。
※詳細事項の確認と調整は、ジョブプランナーが行います。
面談ではあくまで前向きな自己紹介と業務内容の確認までにしておくとよいでしょう。
NG
8.崩した言葉遣い
Point
話し方などの振る舞いも好印象を与える大きなポイントです。
クライアント先担当者がフランクに接してきたとしても初対面ですから、敬語を使いましょう。
たとえ相手が年下であっても、友人に接するような口調で話すことは厳禁です。
逆に初対面の相手に軽い言葉遣いをされれば不快にも感じられ、マナー違反にもなります。
NG
9.相手と目を合わせないで話をする
Point
相手の目を見て、落ち着いてゆっくりと話しましょう。
緊張して相手の目が見られない場合は、相手の鼻・ネクタイの結び目などを見るなどしましょう。
決して下を向いたまま話さないようにしましょう。
チェック
その他
NG
1.遅刻
Point
時間厳守です。10分前には待合せ場所に到着するようにし、余裕をもって面談に臨みましょう。
万が一遅刻しそうな場合は、すぐにジョブプランナーに連絡をして下さい。
2.貴方のもっとも身近な武器は「スキルシート」と「ジョブプランナー」です。
スキルシートは詳細に!!実績や学んだ言語等具体例を上げて明確に記載します
案件に応募する際に使うスキルシート。
短期から長期まで色々な案件を経験すると記入するのが面倒になるときあります。
ただ、他の人との差別化のために、少しだけ時間をかけ少し詳細に書いてみてください。
採用担当者の目にも留まりやすくまた熱意もアピールできます。

どのように記載すればいいか悩んだら、ジョブプランナーに相談しましょう!
自分を磨くためにも相談やアドバイスを求め、ジョブプランナーを頼ってください!
親身になってがんばります!!
[ご連絡下さい]ジョブプランナーはフリーエンジニアを徹底的に応援しています 親身になります なんでもお気軽にご相談下さい 親睦を深めながら信頼関係を構築しましょう

無料会員登録